浮気した旦那と離婚決定からの大逆転

「好きな人ができた。」

ささいな喧嘩から旦那に言われた一言。まさか自分がそんな事言われる日が来るなんて思ってもいませんでした。

あまりに突然で、とにかくショックが大きかったことを覚えています。完全に油断していました。

とても優しくいつも私のことを最優先してくれていた旦那に限って不倫なんてありえないと…でもこれが現実でした

離婚してでも相手と一緒になりたいという旦那は不倫というよりも本気。結婚9年目の出来事でした。

私は旦那を一切責めることができませんでした。むしろ自分が悪かったと謝りました。

だって私は…思い返せば自分勝手で、旦那が優しいのをいいことに傷付けるようなことを平気で言っていました。

喧嘩した時も、絶対自分が正しいと正論で論破して常に上に立っていたかったんですね。旦那の気持ちなんていつも無視していました。

そんな私が旦那を責めることなんてできませんでした。そのまま相手女性と付き合うことを認めて離婚を受け入れました。

ただひとつ、条件を出しました。「相手と付き合っていても良い。慰謝料もいらない。連絡取っても会ってもいい。でも離婚は1年後。1年間は離婚しない。」と。

すんなり旦那はその条件を受け入れました。相手女性もこの条件を受け入れました。ここからです。修復劇の始まりです。

この1年でもう一度旦那を振り向かせると決意しました。旦那のために、料理も家事も言動も、すべてを旦那のために。

不倫している旦那はもちろん、相手女性のことを責めることは一度もしていません。相手女性に構っているのは時間の無駄です。
とにかく旦那のために心地よい居場所を作ろうと考えました。

相手女性に会いに行くのがわかっても笑顔で送り出しました(これはかなり辛かったです)

そうしていると必ず(これは絶対と言い切れます)相手女性の欲がどんどん強くなってきます。

「早く離婚してほしい」と騒ぎ始めます。でも旦那は、好条件を出してくれている私にそんなこと言えません。むしろ相手女性がわがままだと感じるようになります。

そうしていると相手女性との間に喧嘩が増え、旦那の方が耐えられなくなってきました。

旦那が不倫している間に私は着々と旦那の居場所を作っていました。落ち着けるよう、和めるよう、安心する居場所を。

そうしていると旦那は自然と私に気持ちが戻ってきました。「離婚してほしい」からたった3ヶ月で「離婚したくない」と言わせました。

なぜ旦那が不倫に走ってしまったのか。本当に旦那が悪いのか…そこに気付けば結果は変わってきます。怒ったって責めたって、不倫は終わりません。

本当に旦那を取り戻したいならまず自分が変わることが重要です。旦那の不倫に気付いたらまずは冷静に。

大丈夫ですよ。「相手と一緒になりたい。」「離婚してほしい。」と泣いて言われた私が修復できたんです。

何もしないと結果は動きませんので、諦めないでくださいね。